神経系の発達(お子様のために)小児神経学クリニックの案内
アクセス・お問い合わせ先
小児神経学クリニック(ビル)

東京都千代田区
神田駿河台2-8
瀬川ビル2階

地図MAP

・JR御茶ノ水駅 歩1分
・1Fは書店の丸善です
・入口は1F丸善の隣です

Tel.03-3294-0371(代表)、Tel.03-3294-0372(予約)(予約受付:平日 14:00〜16:00)

小児神経学クリニックは、“発達障害”および他神経の病気(疾患)の専門クリニックです。小児期に発症した神経・精神疾患と神経内科的疾患の診断・治療とともに、発達診断の医療サービスを行っています。

お知らせ

●星野院長が千代田区いじめ問題調査委員会委員に就任いたしました

この調査委員会は、学識経験者と法律、心理、医療等に関する専門的な知識を有する者で、区長が任命する5人以内の委員(任期2年)をもって構成されています。今回、就任した星野院長は、小児科医療の専門的分野を代表して、特に「いじめ・不登校の現状と解決に向けた取り組」について、積極的に討論し、真摯に取り組んでいきます。千代田区にお住まいの子ども達のいじめ問題に、少しでも貢献できるよう努力いたします。

●5月22日 星野院長がNPO法人日本トウレット協会理事に就任いたしました

副会長 東大病院こころの発達診療部 金生由紀子先生、日本トウレット協会のご推薦を頂き、理事に就任をいたしました。この会は、当院に多く掛られていらっしゃるトウレット症候群の患者様、御家族を支える目的で発足されており、全国で幅広い活動をしております。今年の2月28日には、この協会主催の拡大講演会で講演をいたしました。今後、トウレット協会の活動にも協力していく予定です。

日本神経学会 発表 星野
14th ICNC の 発表 木村先生、星野 2つ
日本小児神経学会 長尾、安西、星野 の3つ

●【休診のお知らせ】

当クリニックは下記の期間、学会に参加のため休診とさせていただきます。
【休診日】平成28年6月3日(金)〜6月4日(土)
6月6日(月)より通常通り診療致します。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきますよう宜しくお願い致します。

●平成28年3月5日 金沢医科大学病院 睡眠医学センター主催の講演会
春の「すいみんの日」市民公開講座 2016金沢が北國新聞20階ホールで開催されます

星野院長が、金沢市にて、「子どもの睡眠」について話しをさせて頂きます。主催の堀有行先生、演者の立花直子先生とは大変懇意にされており、いつか3人でシンポジウムを、と話していたのが実現されました。お近くの方ご参加ください。

詳細はこちら

●平成28年3月より遺伝相談外来が始まります

外来診療 3月から第1、第3、第5 水曜 午前
小児神経には遺伝が関係する病気がたくさんあります。遺伝子の解析技術が進歩し、現在ではいろいろな病気の原因がわかるようになりました。その多くは突然変異によるものです。当院では、てんかんと脳形成異常を中心に小児神経疾患の遺伝に関するご相談に対応します。遺伝の相談は将来生まれる子供さんにも重大な意味を持つ可能性を含んでおり、十分かつ正確な情報の提供とご本人、ご家族ともに正しい理解をいただければと思います。当院では遺伝や遺伝病についての相談やカウンセリングを行い、必要に応じて染色体検査や遺伝子診断の説明を行い、これらの検査を実施します。日本人類遺伝学会認定専門医であられます昭和大学の加藤光広医師に担当していただきます。

加藤先生のご略歴はこちら

●平成28年2月28日 NPO法人日本トゥレット協会主催の講演会
「子どもの「チック」を考える」が東京ボランティア市民活動センターで開催されます

当院の星野恭子院長が「子どものチックときょうだい対応について」の講演を行います。当院の診療や病気の理解につながると思います。お申し込みは下記PDFの裏面の申込書にてFAXまたはE-mailでお申し込みください。

詳細のPDFはこちら

●平成28年2月7日 「こども救急対応講習会」が和歌山県立情報交流センター(田辺市)で開催されます

当院の星野恭子院長が「生活リズムと心身の発達〜子ども達の笑顔ために〜」について特別講演を行います。子育てにたいへん参考になると思いますので、お近くにお住まいの方は是非、ご参加ください。お申し込みは下記PDFの裏面の申込書にてFAXまたはE-mailでお申し込みください

詳細のPDFはこちら

●平成27年9月関東・東北豪雨で被災された患者様へ

茨城県常総市またはその周辺地域で、9月9日発生した豪雨で洪水の大規模な被害にあわれた皆様におかれましては、心からお見舞い申し上げます。ご不自由なお暮らしを過ごされているのではないかと、心を痛めております。1日も早い復旧をお祈りしております。当クリニックにご通院の患者様の中で、交通機関等の理由により、当院での受診が困難になられたり、薬などお困りのことがございましたら、遠慮なくご連絡くださるようお願い申し上げます。

●10月より藤坂龍司先生によるABAが始まります

偶数月 第4木曜日 午後
わが国のABA療育の第一人者の一人でいらっしゃる臨床心理士の藤坂龍司先生による発達相談が当院で始まります。ABA(応用行動分析)とは米国で開発され、様々な発達障害、中でも自閉症の症状改善に顕著な効果を上げている療育法です。
藤坂先生は15年前にNPO法人つみきの会を立ち上げられ、自閉症児へのABA早期家庭療育を日本にいち早く取り入れられました。ABAは親が家庭で取り組むことで高い効果を発揮します。当クリニックでは主に1才〜就学前までの自閉症スペクトラムのお子さんをお持ちの保護者の方を対象に、困った行動への対処法や、ことばの引き出し方、その他ABA家庭療育の具体的な方法についてご指導をいただきます。

詳細はホームページ(http://www.tsumiki.org/)

●9月より昭和大学の加藤光広医師の診察が始まりました

外来診療 9月から第1、第3、第5 水曜 午前
今年4月に山形大学小児科から昭和大学小児科に移籍なさいました加藤光広医師の診察が当クリニックで始まりました。
加藤光広医師は日本小児科学会、日本小児神経学会、日本てんかん学会、日本人類遺伝学会、等に所属し、小児神経学会と日本人類遺伝学会では評議員を務められ、小児科専門医、小児神経専門医、てんかん専門医、臨床遺伝専門医の資格を持っています。
主に、てんかん、脳形成障害、遺伝相談、小児神経全般を担当いたします。
加藤医師のプロフィールは下記をご参照ください。
http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Ped/medical/neurology_top.html

●神経内科(寺尾医師)の診療も承っております

外来診療 第2、第4 土曜 午前 (9月については5日と19日)
東京大学医学部 講師 寺尾安生医師の診療が受けられます。神経内科とはあまり聴き慣れない診療科目ですが、脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。症状としてはしびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などたくさんあります。神経内科についての詳しい説明は日本神経学会のホームページをご覧ください。
http://www.neurology-jp.org/public/disease/

●院長の共著論文が小児保健協会 最優秀論文賞を受賞

当クリニックの星野先生が小学校を紹介し、睡眠について大規模に調査を実施した調査報告書[日本の小学生の睡眠習慣と睡眠に影響を及ぼすライフスタイルについての大規模調査] (村田絵美, 毛利育子,星野恭子 共著)が上記の賞を受賞しました。

●遺伝性ジストニアが難病指定に

平成27年7月1日から難病医療助成制度の対象疾病が既存の110疾病に196疾病追加され、306疾病と拡大されました。
追加された疾病の中には 「遺伝性ジストニア(瀬川病を含む)」があります。通院の患者様の中にはこの疾患で治療中の方もいらっしゃいます。 当クリニックで診断書作成の手続きをさせていただきますので、担当医師にご相談ください。

●視覚認知検査 始めました

日本の視覚認知検査の第一人者でいらっしゃる 本多 和子 先生が担当されます。
診察日は第1、第3水曜日です。詳しくは受付にお尋ねください。
こんなお子さまにおすすめの検査です
★ 文字を読むのに時間がかかる。
★ 行を飛ばしたり同じところを読んでしまう。
★ 字を覚えにくい。
★ 図形の理解が苦手。
★ 手先の作業が、うまくこなせない。
★ 左右を認識しにくい。
★ 鏡文字を書いてしまう。
★ 探し物をうまく見つけられない。
こうしたことは、視覚認知の発達に問題がある場合があります。

詳細はこちら

●重症筋無力症の外来を始めました

東京女子医大小児科の講師であります石垣景子先生がご担当されます。
石垣先生は日本小児神経学会の専門医で、小児重症筋無力症治療ガイドライン作成委員会委員(日本神経学会・日本小児神経学会)でもいらっしゃいますので、豊富な経験をもとに診察していただけます。

医師のご紹介はこちら

外来担当医について

外来担当表(PDF)のダウンロード

 
午前
9:00

12:00
処方
外来
木村 木村 星野 八森 長尾※2 八森※4
診察 星野
(第1,3,5週)
星野
(第1,3,5週)
  星野 星野 星野※4

(第2,4週)
磯野   木村
(第2,4週)
木村
(第1,3週)
※4
(第2,4週)
長尾※2          
専門
外来
    (てんかん)
加藤
(第1,3,5週)
    (神経内科)
寺尾
(第2,4週)
特殊
検査
眼球
運動
          福田
徳重
心理 (心理)
福永※1
  (視覚認知)
本多※1 ※3
(視覚認知)
本多※1
   
午後
14:00

17:00
診察 星野
(第1,3,5週)
星野
(第1,3,5週)

星野

星野 星野  

(第2,4週)
木村   木村
(第2,4週)
木村
(第1,3週)
木村 磯野   八森
(第1,3週)
長尾
長尾        
専門
外来
      (重症筋無力症)
石垣
(第4週)
(遺伝カウンセリング)
日暮
(第2週)
特殊
検査
筋電図       石垣
(第4週)
 
SEP       木村※3 木村※3
心理 (心理)
福永※1
  (視覚認知)
本多※1 ※3
(視覚認知)
本多※1
 
      (行動療法)
藤坂
※1(偶数月 第4週)
 

 ※1: 臨床心理士
 ※2: 診察開始時間 10:00〜
 ※3: 診察日あるいは検査日につきましてはお問い合わせください。
 ※4: 担当医が代わることがありますので、お問い合わせください。

研究実績 星野恭子医師

その他、研究実績はこちら


日付
場所
学会名  演題 演者名 所属機関名
2013
5/30
大分
第55回日本小児神経学会総会 自閉性障害における少量L-ドパ単独療法(0.5mg/s)の有効性と長期投与に関する検討 星野恭子 磯野有章子 木村一恵 八森啓 野村芳子 瀬川昌也 瀬川小児神経学クリニック
2014
5/29
浜松
第56回日本小児神経学会総会 臨床神経学的所見によるアミン系神経障害・病態生理の推測 星野恭子  瀬川小児神経学クリニック

講演リスト 星野恭子医師

その他、講演一覧はこちら

日付等 主催者
開催場所
演題名
2008/11/15
北海道
士別市
平成20年度第44回士別市PTA連合会研究大会
士別市民文化センターにて
「早寝・早起き・朝ごはんのすすめ」をテーマに講義
2008/1/24
東京都
杉並区
杉並区教育研究会・保健教育部 一斉研究会
産業商工会館
「からだづくりと生活リズム」について講演。(教職員、学校保健関係者の方々対象)
2014/6/12
長崎県
南島原市
平成26年度南島原市学校保健会研修会
南島原市ありえコレジヨホール
「子供の生活リズムと心身の発達」(保健会の皆さん対象)

ページトップへ
小児神経学クリニック
(Neurological Clinic for Children)
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-8 瀬川ビル2階 地図
TEL. 03-3294-0371(代表) TEL. 03-3294-0372(予約)